株とFXの違いを比較する!投資を始めるにはどっちがいいか?

口座開設

投資を始めようと考えた時、株とFXの違いがわからず、どっちにするか悩みますよね?

「株は自分の会社の株を持っててなんとなくわかるし、FXは通貨の取引のことじゃない?」

投資を始めようという方は、FX(為替)取引と株式取引の違いをなんとなくわかってはいると思いますが、取引方法や取引銘柄、リスクなどについては、はっきりとは、わからないのではないでしょうか?

そこで今回は、FXと株の違いをできるだけわかりやすく比較します。そして、「自分はどちらが向いてるのか?」を理解し、スムーズに投資が始められるように、書いていきますので、是非ご参考にしてください!

f:id:kazuakkun:20190910002838j:plain

投資で成功した日本人

本題に入る前に、投資で成功した日本人を紹介します!

BNF氏(小手川隆氏)
160万円の資金から株式投資で250億円以上の資産を築く。
主に株式取引

CIS氏(森貴義氏):

104万の資金から株式投資で230億円以上の資産を築く。
株式、先物、FXと幅広く取引

五味大輔氏 
100万円の資金から200億円以上の資産を築く。
主に株式取引

片山晃氏 :

65万円の資金から150億円の資産を築く。

主に株式取引

みなさん総資産が半端なく、夢がありますね!

ところで、株式取引では、数十億の資産を築いたという方の話を聞くことがありますが、FX取引で数十億、数百億築いたっていう話はあまり聞きません。しかし、FXで数億稼いだという話はよく聞きますし、1億でもかなりの大金ですので、これから始めようという方はあまり気にしないでいいかもしれません。

株とFXの違いを理解する!

FX(為替)取引とは?

外国為替証拠金取引とも言い、外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を得ることを目的とした取引です。もっと平たく言えば、両替です。

例)
1ドル=100円の時に、100円で1ドル買います。
その後、1ドル=103円になったときに、1ドルを103円に交換すれば、3円の利益を得らえます。

f:id:kazuakkun:20190910000451j:plain

どうやって利益を得るか?

FXは、2カ国間の通貨を売り買いする取引(上の例では米ドルと円)ですので、片方の通貨がもう片方の通貨に対し、「相対的に価値が上がるか下がるか」の2通りの値動きを予想するものです。
つまり、上がると予想した場合は「買い」下がると予想した場合は「売る」という方法があるので、上昇相場と下降相場の両方で利益を狙えるチャンスがあります。

f:id:kazuakkun:20190910010433p:plain

株式取引とは?

株(株式)とは、企業が事業に必要な資金を調達するために、発行しているものになります。株を買い、株を保有するということは、出資者となり、会社のオーナーの一人になることを意味します。株を買うには、一般的に証券会社を窓口とし、証券取引所を介して、他の投資家が売りに出している株を買います。

どうやって利益を得るか?

安く買って高く売る「値上がり益」を追求することです。
たとえば、株を保有している企業が新商品開発や売上が拡大などにより、業績が拡大すると株価が上昇します。そのタイミングで、株を売れば「売った値段」-「買った値段」の差額が利益となります。
例)
100万円で買った株が、110万円になった時に売ると、1万円の利益を得られます。
110万円(売った値段)-100万円(買った値段)=10万円(利益)

f:id:kazuakkun:20190910010626p:plain

無料キャンペーン中!大衆心理を利用して利益を得る

維新流トレード術公式ページ>>

売買差益以外の利益は?

株にしてもFXにしても、基本的には、対象銘柄の売買での差益で利益を得ます。しかし、売買益以外にも得られる利益があります。

株取引の場合

配当金・・・企業が利益を上げた場合等、その利益の一部を「配当金」として受け取ることができます。ただし、企業の業績によっては配当金が出なくなる可能性もあります。

 

 

 

 

株主優待・・・「株主優待」とは、企業(株式会社)が株主に対して品物やサービスを提供したりするサービスです。優待内容はその企業が取り扱っている商品や食事券・割引券・入場券・お米・図書カードなど様々です。(株主優待がない企業もあります。)

f:id:kazuakkun:20190910010221p:plain

FX(為替)取引の場合

スワップポイント・・・取引する2通貨間の金利差調整額のことです。ポジションを維持した日数分の金利差が加算される仕組みです。日ごとに精算が行われますので、毎日受け取ることができます。(マイナスのスワップポイントもあります。)
難しく書きましたが、証券会社が各通貨間のスワップポイントを公表してますので、そちらをご参照ください。

<以下は、XMのスワップポイント>

f:id:kazuakkun:20190910005613j:plain

FXと株どちらの取引人口が多い?

正式な数字は、正直わかりませんが、圧倒的に株取引をされてる方が多いです。

そもそもFXの歴史は浅く、1990年中頃アメリカで誕生したと言われています。
つまり、25年程度の歴史となります。

一方、株取引の歴史は古く、世界最初の株式は1553年にイギリスで設立された合資会社「ロシア会社」のもとで発行されました。 株式という形で小口の資金を集約し、大きな投資を可能にするこの便利なシステムは1602年、オランダで設立された東インド会社によって本格的に活用され、合理的な資金調達方法としてヨーロッパ、アメリカ、そして全世界に広まったようです。

取引時間に違いはあるか?

株式取引:
午前9時~午前11時30分(前場)午後0時30分~午後3時(後場)(土日休み)

FX(為替)取引: 24時間(土日休み)

株式取引は、前場と後場に分かれています。ただ、サラリーマンにとってはなかなか取引がしづらい時間ではないでしょうか?仕事中の時間になるため、頻繁に値動きを見ることがでず、どうしても中長期的(デイトレ、スイング)な目線での取引になると思います。

一方、FX(為替)取引の場合は、、24時間相場が動いておりますので、仕事が終わった後に取引することができ、短期取引(スキャルピング)も可能です。(一般的には短期取引の方が資金効率が高くなります。)

必要資金は?レバレッジの違い

株式取引のレバレッジと必要資金

◆株レバレッジ:基本現物取引 1倍
信用取引(30万以上の口座資金が必要)を利用すれば3倍

◆株必要資金:100万円~

FXの場合、国内業者と海外業者で大きく違いますので分けて書きます。

国内FXのレバレッジと必要資金

◆国内FXレバレッジ:25倍
◆国内FX必要資金:30万~50万

海外FXのレバレッジと必要資金

◆海外FXレバレッジ:400倍~1000倍
◆海外FX必要資金:1万円~

*レバレッジとは・・・入金額以上の取引ができる仕組みになります。例えば、レバレッジが25倍という場合、50万入金すると、1250万円分の取引ができます。

株式取引は、レバレッジが低いため、ある程度の資金を用意する必要があります。余剰資金が多くある方であれば問題ありません。

FXの場合は、高いレバレッジを利用することができますので、比較的低資金から取引ができます。
特に海外FXでは、400倍~1000倍のレバレッジで取引ができますので、数千円でも大きな取引ができるのが特徴です。
また、海外FX業者のGEMFOREXの場合は、口座開設しただけで、20,000円のボーナスをもらえますので、ノーリスクで20,000円からFXを始めることができます。ちなみに、GEMFOREXのレバレッジは1000倍ですので、2万円のボーナスで、2,000万円分の取引ができる形となります。

GEMFOREXについて詳しく見る>>

取引銘柄数に違いはある?

株式取引の取引銘柄 約3600銘柄

国内FXの取引銘柄(通貨ペア) 約20~30通貨ペア

海外FXの取引銘柄(通貨ペア) 約30~60通貨ペア

ダントツで株式取引の取引銘柄が多いです。
取引銘柄が多ければいいというわけではありませんが、選択肢が多い分、取引の幅が広がります。

FXに関しては、国内、海外どちらの業者も取引銘柄は大きくは変わりません。株式に比べ、取引銘柄が少ないですが、50銘柄や100銘柄を取引している人は、ほとんどいませんし、だいたいの人は、1から3銘柄を取引するのが普通ですので、大きく気にする必要はありません。
また、海外FX業者の中には、iFOREXのように約1400市場の700銘柄以上の取引ができる業者もあります。iForexは、Apple, Google などに代表される米国株話題の仮想通貨の取引もできますので興味がある方にはお勧めの業者です。

iFOREXを詳しく見る>>

株式取引、FX取引まとめ

株式取引 : 100万程度の投資資金があり、中長期的な取引ができる方、そして、出資者として企業の経営に参加することに興味がある方は向いているかと思います。また、FXには無い株主優待や配当金などに興味がある方も向いています。

FX(為替取引)レバレッジを利用し、低資金から始めたい方に向いています。また、24時間相場が動いており、仕事が終わった後から取引ができますので、短期でも取引がしたいという、サラリーマンなどに向いていると思います。

主なおすすめ証券口座

株式取引

DMM 株

手数料が業界最安値水準!充実の取引ツール・アプリ

DMM 株を詳しく見る>>

【DMM 株】口座開設

松井証券

創業100年の歴史を誇る老舗証券会社。
豊富なサービスNo1!
松井証券を詳しく見る>>

松井証券

ライブスター証券

手数料の安さ 業界No1水準!無料の投資情報ツール

ライブスター証券を詳しく見る>>

国内FX

DMM FX

FX口座数No1今なら20000円キャッシュバック!
DMM FXを詳しく見る>>

DMMFX/

FOREX.COM

世界標準のチャートソフトMT4が使える! 
FOREX.COMを詳しく見る>>

外為ジャパン FX

1,000通貨単位からのお取引可能!
今なら最大20000円キャッシュバック
外為ジャパンを詳しく見る>>

【外為ジャパンFX】入金

海外FX

XM(Trading)

日本人トレーダー口座開設数No1の海外業者

XM Tradingを詳しく見る>>

GEMFOREX

口座開設ボーナス20,000円!
入金なしで取引可能!ノーリスク

GEMFOREXを詳しく見る>>

iFOREX

取引銘柄700以上 米国株、仮想通貨も取引可能!

iFOREXを詳しく見る>>

結論

以上、株式取引とFX(為替)取引についてまとめてみました。まだまだ説明が不十分なところもありますが、実際に投資を始めるきっかけになればいいと思っています。
また、株式取引、FX(為替)取引には、説明したように、それぞれメリットがあります。現在の自分の生活環境、資金量などに応じて、ご自身にあった投資を選んでいただきたいと思います。


無料キャンペーン中!大衆心理を利用して利益を得る

維新流トレード術公式ページ>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました