スキャルピング手法で数pipsを抜くために最適な海外FX業者(口座)

口座開設

数pipsを抜くスキャルピング手法に最適な海外FX業者は?

スキャルピングは資金効率が良く、空いた時間に取引できるということで人気の取引手法です。しかし、現実はそんなに簡単な手法ではなく、数pipsを獲得するがゆえに、繊細で細かい作業が求められます。そこで今回は、スキャルピングについて学び、できる限り最高の環境で取引ができる海外FX口座を紹介します。

スキャルピング手法とは?

スキャルピング手法とは、超短期売買を繰り返す手法です。数pipsから10pipsくらいを目標にエントリーします。保有時間が短く、エントリー回数が多いのも特徴です。

スキャルピングの特徴保有時間:数秒から数十分
利益:1pips~10pips
取引回数:数十回/日

スキャルピングのメリット

1.少ない資金でも、何度も取引を回転させることで大きな利益を狙える。

2.超短期売買で、1日に何回、何十回も取引ができ、資金効率がいい。
待つ時間が短く、利益を積み重ねられるため、資金を無駄にする時間はない。

3.保有時間が短いので、突発の急騰、急落に会いにくい。

スキャルピングのデメリット

1.スプレッドコストが大きい。スプレッド=取引コストであるため、1日に数十回も取引する分、支払うスプレッドも大きい。

2.チャートを見続けないといけないため、時間を奪われ、疲弊する。

3.資金管理(損切り)を確実に行わないと、簡単に利益を飛ばす。逆を言えば、損切りさえ確実にできれば、利益を積み重ねられる。

スキャルピングに必要なスペック

■スプレッドが狭い業者

■レートが滑らない約定力の高い業者 ⇒ECN方式が好ましい

ECN方式とはトレーダーの注文が、投資家・大手金融機関・ヘッジファンド等の大量の注文が集まるインターバンク(電子取引所)に直接注文が流される方式
ECN方式では、大口のカバー取引先が参加しているために膨大となる売買注文の中からカバー先を自動でつけているため、約定力は非常に高いものがあります。

スキャルピングの場合、効率的な取引をするためには、上記2点が必須の条件となります。これらの条件を考慮し、おすすめ海外FX口座をピックアップしましたので、口座選びに迷われている方は、是非ご参考にしてください!

スキャルピング向き海外口座比較表

ドル円
平均スプ
取引方式 レバレッジ ボーナス 最低
入金額
詳細
Gemforex
(ノースプレッド)
0.3pips ECN 1000倍 なし 30万円 公式HP
TradeView
(ILC/cTrader)
0.6pips ECN 200~
400倍
なし 10万円 公式HP
Tickmill(プロ) 0.6pips ECN 500倍 口座開設30ドル 1万円 公式HP
LandFX(ECN) 0.9pips ECN 500倍 なし 20万円 公式HP
LandFX(LP) 0.9pips STP 500倍 入金ボーナス 1万円 公式HP
Axiory(ナノ口座) 0.9pips ECN 500倍 なし 2万円 公式HP
Gemforex
(スタンダード)
1.2pips STP 1000倍 口座開設20000円 1円 公式HP
TitanFX(Blaze) 1.3pips ECN 500倍 なし 2万円 公式HP
TradersTrust(プロ) 1.52pips ECN 500倍 口座開設5000円 2万円 公式HP
XM(Zero口座) 1.8pips ECN 500倍 なし 1万円 公式HP

海外FX口座詳細

海外口座比較表をもとに、もう少し詳しく口座の説明をします。是非ご参考にしてください。

 GEMFOREX ゲムフォレックス

ドル円スプレッド 
0.3pips(ノースプレッド口座)/ 1.2pips(スタンダード口座)

ゲムフォレックスのドル円スプレッドは、かなり狭いです。

ノースプレッド口座は、スプレッド0.3pipsという国内FX業者レベルなので、是非利用したい口座です。ただし、最低入金額が30万となっているので、初心者には少しハードルが高くなっています。

一方、スタンダード口座は、ドル円1.2pipsです。その代わり、20,000円の口座開設ボーナスがもらえ、入金せずに取引ができます。(もちろん出た利益は出金できます。)

ノースプレッド口座の0.3pipsに比べると大きく感じますが、海外FX業者の中では、1.2pipsは、狭いほうですので、まずは、スタンダード口座を使い、20,000円のボーナスで技術を磨くことをお勧めします。

GEMFOREXの詳細はこちら>>
GEMFOREXの口座開設はこちら>>

Trade View ILC口座(ECN)

ドル円スプレッド 0.6pips(ILC口座)

TradeViewは、ドル円0.6pips(手数料含む)という低スプレッドでありながら、約定力も高く、有名トレーダーも使っている業者です。また、万が一に備え、信託保全(35,000ドル)などの補償も完備しており、安心して取引が行えます。(CIMAライセンス取得業者)

デメリットとしては、最低10万円の入金が必要というところです。また、レバレッジが200倍と他の業者に比べ低いこと、また、強制ロスカット率が、他業者よりも高く、100%となっておりますので、ギャンブルトレードには向いておらず、本気でトレードをしたい方に向いています。

*ILC口座は、”メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector”を選択します。

Trade Viewの詳細はこちら>>
Trade Viewの口座開設はこちら>>

Tickmill プロ口座(ECN)

ドル円スプレッド  0.6pips(手数料含む)

Tickmillのプロ口座(ECN)は、高約定率、低スプレッドを提供し、英国のFCAライセンスを所有するほどの信頼性が高い業者です。

デメリットとしては、円建てに対応しておらず、ドル建てになり、入金、出金ともドル円の為替に多少影響を受けることです。ただ、ドル建てを気にしなければ、こちらも大変良い環境で取引できますので、おすすめです。

また現在、30ドルウェルカムキャンペーンを行っておりますので、入金せずに取引ができます。試しに口座開設し、取引環境を試してみることをお勧めします。

30ドルウェルカム口座はこちら>>
<注意>口座開設をするときに、FCAライセンスでの口座開設か、セーシェルライセンスでの口座開設か選ぶ項目がありますが、日本で口座を開く場合は、セーシェルライセンス口座を選択してください。セーシェルライセンス口座は、レバレッジ500倍を利用できます。

Tickmillの詳細はこちら>>
Tickmillの口座開設はこちら>>

LAND FX

ドル円スプレッド 0.9pips(ECN口座)/ 0.9pips(LP口座)

LandFXは、TradeViewと同じくスプレッドが狭いことで有名な海外FX業者です。他の通貨のスプレッドもかなり狭いですし、約定率も高いのが特徴です。また、本社が英国のFCAライセンスも取得しており、安心して取引ができる環境を提供しています。(日本人向け口座は、ニュージーランド証券投資委員会ライセンスになります。)

LandFXのECN口座は、Tradeviewと同じくボーナスがなく、最低入金額が20万円という難易度があります。しかし、ドル円のスプレッドに限っては、ECN口座もLP口座もスプレッドは変わりません。ですので、100%入金ボーナスがもらえるLP口座を使ってみて使用感を確認するといいかもしれません。

LANDFXの詳細はこちら>>
LANDFXの口座開設はこちら>>

Axiory ナノスプレッド口座(ECN)

ドル円スプレッド 0.9pips(手数料含む)

Axiory は、400倍のレバレッジであり、スプレッドが低く、約定率も高いため、スキャルピングメインのトレーダーに選ばれています。ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)ライセンスを取得しており、分別管理に加え全額補償の信託保全を提供しています。また、世界4大監査法人PWCの監査を受けている安全な資金管理体制ですので安心して取引可能です。

Axioryの詳細はこちら>>
Axioryの口座開設はこちら>>
 

Titan FX Zero Blade口座(ECN)

ドル円スプレッド 1.52pips(手数料含む)

TitanFXは、2014年から日本マーケットに進出してきたFX業者です。レバレッジは500倍となっており、低スプレッド及び高約定率からメイン口座で使っているトレーダーも多い業者です。
信託保全はありませんが、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)のライセンスを取得しており、格付けAAランクのナショナルオーストラリア銀行での分別管理をしています。分別管理とは、顧客から預かった資金とと運営資金を別に管理しているということです。

TitanFXの詳細はこちら>>
Titan FXの口座開設はこちら>>

Traders Trust プロ口座/VIP口座

ドル円スプレッド
プロ口座 1.7pips  /  VIP口座 1.1pips(手数料含む)

TradersTrustは、世界12か国のライセンス(最難関と言われるFCAやキプロスなどを持ち、日本向けには、バミューダ共和国のライセンスを持っています。

完全なNDDシステムを採用しており、約定力も高く、かなり狭いスプレッドを提供しています。今回おすすめは、プロ口座及びVIP口座ですが、VIP口座は、最低入金額200万と敷居が高いため、まずは、プロ口座を使ってみてください。

今なら、口座開設時、プロモーションコード欄に HEISEI_5000JPY を入力すると5,000円のボーナスがもらえます。

TradersTrustの詳細はこちら>>
TradersTrustの口座開設はこちら>>

XM Zero口座(ECN)

ドル円スプレッド 1.8pips(手数料含む)

XMのZERO口座(ECN)は、スタンダード口座と違い、3,000円ボーナスや、100%入金ボーナスなどはもらえませんが、低スプレッド、高約定率の環境でトレードできます。また、レバレッジは、888倍ではなく500倍になります。こちらも本気でトレードをされたい方にお勧めです。口座開設の際は、口座タイプをXM ZEROにしてください。

XMの詳細はこちら>>
XMの口座開設はこちら>>

結論

以上、スキャルピング手法に最適な海外FX業者をご紹介しました。スキャルピングはうまくやれば、大きな利益が狙える手法です。スキャルピングに最適な業者を選ぶことで成功に近づくことができると思いますので、是非ご参考にしてください。

 無料キャンペーン中!大衆心理を利用して利益を得る

維新流トレード術公式ページ>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました