億トレ御用達!iFOREXは入金ボーナス提供で出金拒否なし!

口座開設

多くの億トレーダーを生み出した出金拒否なしの老舗FX業者!iFOREX(アイフォレックス)
勇敢なハイレバ戦士の中では、知らない人がいないくらい有名な老舗海外FX業者です。出金拒否がないなど、業者としての信頼性も高く、数多くの億トレーダーを生み出しできました。

”iFOREXは、MT4が使えない”ということで、口座開設を躊躇されてる方もいるかもしれませんが、ハイレバトレーダーにとっては、最強のハイレバ取引システムを採用しており、資産増加を狙う上では、必ず必要となる海外口座です。また、サポート体制も充実しており(日本語サポート、出金拒否なし、入金100%ボーナスなど)、多くのトレーダーの信頼を勝ち得ております。

今回は、なぜiForex(アイフォレックス)が多くのハイレバトレーダーに人気の業者なのか?なぜ数多くの億トレーダーを輩出する業者なのか?を調査していきたいと思います!

iFOREX 公式ページ

f:id:kazuakkun:20190902232313j:plain

  それではハイレバ業者の雄であり、代名詞であるiFOREX!それでは、細かくみていきましょう!

 400倍のハイレバレッジ!

iFOREXでは、400倍のレバレッジを提供しています。国内FX業者のレバレッジが25倍ですので、はるかに大きいレバレッジで、少額の証拠金でも大きな金額で取引できます。

(例)国内口座は、現在レバレッジは25倍ですので、10万通貨(海外口座でいう1ロット)持つには、約40~50万円必要です。では、400倍のiFOREXではどうか?

わずか26,500円程度で10万通貨(1ロット)持つことができます。

しかし、XM(888倍)やGEMFOREX(1,000倍)に比べるとやや控えめな印象を受ける方がいるかもしれませんが、iFOREXがハイレバの代名詞と呼ばれる所以は、次の2.3に述べる特徴にあります!

口座残高によるレバレッジ規制なし!

通常、口座残高が増えると、レバレッジは強制的に下げられます。

XMの場合、口座残高が20,000ドル(約200万円)を超えると、200倍に、10万ドル(約1000万円)を超えると100倍に規制されます。

iFOREXの場合、口座残高がどれだけ増えようと、400倍のレバレッジは変わりません。

口座資金が少ないうちはXMを使い、証拠金が増えるとiFOREXに乗り換える方もいます。

強制ロスカット率 0%

強制ロスカット率0%という業者はそうそうありません。

強制ロスカット率とは、口座の証拠金維持率(有効証拠金÷証拠金)が0%になるまで、強制ロスカットは行われません。

XMの場合は、証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットとなります。

XMも低いほうで、特に国内の業者だと50%で設定されています。

強制ロスカット率が0%ということは、最後まであきらめずに粘れるということです。

この3点の特徴でもわかる通り、ハイレバで億を超えるハイリターンを目指せるのがiFOREXなのです。

iFOREX口座を開設する

f:id:kazuakkun:20190902232313j:plain

140以上の市場!取引可能銘柄は700以上

iFOREXの大きな魅力の一つに、幅広い取引銘柄にあります。

FXは、もちろん、先物指数、商品先物、株式、仮想通貨など700以上の銘柄が取引できます。国内ではなかなかできない米国株式(フェラーリ、ルイヴィトン、グーグル、APPLEなど)なども取引できるのも魅力です!

f:id:kazuakkun:20190902232515j:plain

f:id:kazuakkun:20190902232519j:plain

f:id:kazuakkun:20190902232532j:plain

f:id:kazuakkun:20190902232548j:plain

f:id:kazuakkun:20190902232551j:plain

f:id:kazuakkun:20190902232503j:plain

取引ツールも使いやすい

iForexは、オリジナルの取引ツールを提供しています。日本語に対応しており、操作方法は、直感でわかるようになっています。

チャートも見やすく、経済カレンダーなども瞬時で確認できるため便利です。

20年以上の取引実績。出金拒否なし!

iFOREXは、キプロス証券委員会(CySEC)のライセンスを所持しており、健全に運営をしている業者です。その証拠として、FX業者として20年以上運営しています。

出金に関しても全く問題がなく、数億円の出金もTwitterなどで報告されておりますので、安心してご利用いただけます。

ゼロカットシステム採用

こちらも海外FXではスタンダードですが、簡単に言うと口座がマイナスにならないということです。

国内口座では、相場の急激な変動や、休日を挟んで大きく窓が開いた(週末の終値と週明けの始値にかなりの差が出た)ことにより、口座がマイナスになることがあります。つまり、入金した金額以上の損失です。

この場合、国内FX業者は、そのマイナス分の請求してきます。これが追証です。

しかし、iFOREXでは、たとえ、口座がマイナスになったとしても、マイナス分の請求はありません。これをゼロカットシステムといいます。
入金以上の損失はない海外FXは、実はリスクが低いとわかります。

取引方式は、DD方式でスプレッドが狭い!

FXの取引方式には、NDD方式とDD方式の2種類があります。

f:id:kazuakkun:20190902231141j:plain

NDD方式とは、インターバンク市場という世界中の金融機関同士が為替取引をするマーケットへダイレクトに注文が行われます。NDD方式の場合、FX業者は取引にかかわりません。FX業者の収益はスプレッドだけです。

一方、DD方式の場合、インターバンク市場に注文を流さず、FX業者が顧客と取引を行う形になります。FX業者は、リスクヘッジのため、相場状況、注文状況を見ながら、カバー取引を行います。

<ポイント!>
NDD方式の場合・・・顧客の損得は収益に関係なく、収益はスプレッドのみなので、取引の透明性が非常に高い。(単純に顧客が増え、取引が増えれば収益があがる

DD方式の場合・・・顧客の損失が業者の収益であり、顧客の収益が、業者の損失となる。(相反取引といいます。)このことから、顧客を負けさせるために、ロスカット狩りを行ったり、不正にレートをずらすなど、不正行為を行われる可能性がある。
(不正行為を必ずするわけではありません。)

iFOREXは、海外FX業者では珍しい、DD方式ですので、この点は、注意が必要ですが、先ほど記載したように、iForexは、キプロス証券委員会(CySEC)のライセンスを所持しておりしており、20年以上健全に運営しているという実績から、こういった不正は行われないと思います。(そもそも国内FX業者はDD方式です。)

また、DD方式の特徴でもありますが、実はiForexは、スプレッドが狭く設定されております。ドル円は、0.7pipsという海外FX業者では、最狭クラスのスプレッドです。

100%入金ボーナスと金利3%!

iFOREXのボーナスは、100%の入金ボーナスがあります。上限1000ドルまでと制限はありますが、10万円入金すると、20万円分の取引が行えます。

是非利用したいボーナスです。また、iFOREXの口座に入金すると年利3%の利息が付きます。低金利時代の現代では考えられない利息ですよね?

取引に応じたキャッシュバックもある!

40%キャッシュバック(ペンディングボーナス)

2回目以降の入金で提供されるサービスです。入金に対し、40%のキャッシュバックボーナスを受け取ることができます。
このキャッシュバックボーナス(取引画面にペンディングボーナスと表示されます)は、1週間の取引量に応じて、毎週お客様の口座に現金で支払われ、出金可能です。

⇒ペンディングボーナスの詳細はこちら

結論

以上、iFOREX(アイフォレックス)の特徴を見てきました。iFOREX(アイフォレックス)は、ハイリターンを追求できる業者でありながらも、信頼性も高く、ハイレバ戦士にとっては、必須の業者だと思います。

他の業者ですでに取引している方も是非一度お試しいただければ、と思います。

iFOREX口座を開設する

f:id:kazuakkun:20190902232313j:plain

他の業者はこちら!

 

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 FX投資家ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました