ポンド円の危険な特徴!激しい値動きと広いスプレッドに負けない海外FX口座!

ポンド円

GBP/JPY(ポンド円)の特徴は、広いスプレッドと激しい値動き!

GBP/JPY(ポンド円)をメインでトレードされているトレーダーも多いと思いますが、ポンド円は他通貨に比べ、スプレッドが広く、殺人通貨と呼ばれるくらい値動きが激しいため危険で難しい通貨ペアと言われます。

そこで、今回は、ポンド円の特徴をしっかりと把握し、ボーナス関連は全く考慮せず、ポンド円トレードに最適な海外FX業者を選定したいと思います。

まずは、ポンド円の特徴を見ていきましょう!

ポンド円の特徴とメリット

まずは、ポンド円を取引する上でのメリットを挙げていきます。殺人通貨と呼ばれるポンド円ですので、しっかりと特徴を把握したいですね。

ボラティリティ(通貨の価格変動率)が高い!

ポンド円は、通貨の価格変動率であるボラティリティが高いです。下記は2019年9月19日~20日のロンドン時間のボラティリティ表です。

特にロンドン時間からニューヨーク時間は、ボラティリティが高いです。値幅を取るには最適な通貨です。

一方通行に動く

ポンド円は、一方通行に進む特性があり、この特性を生かして億トレーダーになった方もいます。下記は2019年4月~7月の3か月間で2,000pips 下落したチャートです。

ポンド円は、1日で200~300pips動く日もあります。最近ではブレグジットの影響で非常にボラリティが高くなってますので、爆益を得る可能性もあります。

節目でのスキャルピングもやりやすい

ポンド円は、ボラリティが高いので、節目節目でのスキャルピングがやりやすく、ちょっとした反発でも10pipsは取れますし、1~4時間足で引いた節目ラインでは、30pips前後は、取ることができます。

フィボナッチリトレースメントや、節目に引いた水平線だけで取引しても、値幅が大きいため、利益を積み重ねられる通貨です。

ポンド円の特徴とデメリット

ポンド円はスプレッドが広い!

ポンド円は、ドル円やユーロドルなどに比べると、スプレッドが広くなってます。通貨取引量などが関係していますが、スキャルピングなどの短期取引をやる場合、どうしても気になるのがスプレッドです。スプレッド=取引コストですし、取引回数が増えれば増えるほど取引コストは大きくなり、無視できるものではありません。できるだけ狭いスプレッドで取引を行いたいですね。

以下はXMスタンダード口座

通貨 平均スプレッド
USD/JPY(ドル円) 1.8pips
EUR/USD(ユーロドル) 1.6pips
GBP/JPY(ポンド円) 3.8pips

マイナー通貨ということもあり、ドル円やユーロドルに比べスプレッドがかなり高く設定されています。

値動きが激しいため、ロスカットに会いやすい

これも高いボラリティに関係しますが、ポンド円は、急激な変動が起こる通貨でもあり、ロスカットラインをうまく設定しないと、いくら方向性があっていたとしても、切られる可能性があります。

また、国内業者のようなDD方式のシステムでは、ロスカット狩りやレートずらしに会いやすい可能性もあります。

ポンド円の特徴を生かす海外FX口座の条件

ここでは、ポンド円トレードをする上で、最適な海外FX業者に必要な条件を挙げます。

狭いスプレッドが必須

特に短期取引(スキャルピング)を行う場合には、広いスプレッドでは、それだけで取引が不利になります。また、スプレッドは取引コストになりますので、取引コストが安くなることに越したことはありません。通常、ほとんどのFX業者は、ポンド円のスプレッドは広いので、慎重にFX業者を選ぶ必要があります。

約定力も大事!

いくらスプレッドが狭くても、約定力が低く、レートが滑ったりすれば、思ったところでエントリーできず、全く意味がありません。ですのでスプレッド以上に約定力も大事です。また、急激な変動にも対応できる取引システムでないといけません。

そこで今回の海外FX業者選定には、NDD方式の中でも、急激な変動に強く、約定率の高いECN口座であることを条件に入れました。

スキャルピングに規制がない業者

スキャルピングに対して、規制がある業者があります。大きなロットで、短期取引(スキャルピング)を行うとサーバーに負担がかかるからです。

資金が増えてから気にすることではありますが、規制がないに越したことはありませんので、今回は、規制がある業者を外しております。

信頼性の高い海外FX業者

これは当たり前ですが、利益を出金できないなどトラブルがあってはいけませんので、金融ライセンスをもった信頼性の高い海外FX業者を選んでいます。

ポンド円トレードに最適なFX口座ランキング

以下のポイントをもとに、ポンド円トレーダーに最適な海外FX口座をランキング形式で発表します!一番最後に比較表を作っておりますので、ざっと見たい方はそちらをご参照ください。

Point
1. スプレッドが狭い
2. 約定率が高い(ECN口座)
3. 急激な価格変動に強い(ECN口座)
4. スキャルピング規制がない
5. 業者の信頼性が高い

1位 Trade View ILC口座/Ctrader口座(ECN)

ポンド円スプレッド 1.0pips(手数料含む)

TradeViewは、高約定率、低スプレッドのECN口座を提供するだけでなく、万が一に備え、信託保全(35,000ドル)などの補償も完備しており、安心して取引できる業者です。(CIMAライセンス取得業者)

レバレッジは、ILC口座(MT4/ECN)が200倍、Ctrader口座(ECN)は400倍まで設定できます。

*Ctraderとは、ECN取引に特化した取引プラットフォームです。MT4に比べ安定性が高く、今後MT4に変わりスタンダードになる可能性もあります。

デメリットとしては、最低10万円の入金が必要というところです。ここがクリアできれば、最適な環境で取引できることは間違いないです。(ホームページがわかりにくいのもデメリットかもしれません・・・)

また、ILC口座では、レバレッジが200倍と他の業者に比べ低いこと、また、強制ロスカット率が、他業者よりも高く、100%となっておりますので、ギャンブルトレードには向いておらず、本気でトレードをしたい方に向いています。

有名トレーダーのポールジモンさんもおすすめしている業者です。

*ILC口座は、”メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector”を選択します。

Trade Viewの詳細はこちら>>
Trade Viewの口座開設はこちら>>

2位 LAND FX ECN口座

ポンド円スプレッド 1.0pips

LandFXは、TradeViewと同じくスプレッドが狭いことで有名な海外FX業者です。他の通貨のスプレッドもかなり狭いですし、約定率も高いのが特徴です。また、本社が英国のFCAライセンスも取得しており、安心して取引ができる環境を提供しています。(日本人向け口座は、ニュージーランド証券投資委員会ライセンスになります。)

TradeView と同じスプレッドなのに、2位にした理由は、信託保全がないことです。Tradeviewは、万が一の時でも35,000ドルまで補償されます。 ただし、先ほども書いた通り、本社がFCAライセンスを持っている会社ですし、分別管理をしているので大きな問題はありません。

LandFXのECN口座は、Tradeviewと同じくボーナスがなく、最低入金額が20万円という難易度があり、FXを始めたばかりの方には敷居が高い場合があります。その場合は、LP口座を使ってみてください。スプレッドも狭く(ドル円平均スプレッド=0.9pips)、100%入金ボーナスがもらえます!

LANDFXの詳細はこちら>>
LANDFXの口座開設はこちら>>

3位 Axiory ナノスプレッド口座(ECN)

ポンド円スプレッド 1.2pips(手数料含む)

Axiory は、400倍のレバレッジであり、スプレッドが低く、約定率も高いため、スキャルピングメインのトレーダーに選ばれています。
ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)ライセンスを取得しており、分別管理に加え
全額補償の信託保全を提供しています。また、世界4大監査法人PWCの監査を受けている安全な資金管理体制ですので安心して取引可能です。

Axioryの詳細はこちら>>
Axioryの口座開設はこちら>>
 

4位 XM Zero口座(ECN)

ポンド円スプレッド 1.8pips(手数料含む)

XMは有名な口座ですので、説明はいらないかもしれませんが、今回は、XMのZERO口座(ECN)をお勧めします。スタンダード口座と違い、3,000円ボーナスや、100%入金ボーナスなどはもらえませんが、低スプレッド、高約定率の環境でトレードできます。また、レバレッジは、888倍ではなく500倍になります。こちらも本気でトレードをされたい方にお勧めです。
口座開設の際は、口座タイプをXM ZEROにしてください。

XMの詳細はこちら>>
XMの口座開設はこちら>>

5位 Traders Trust プロ口座 VIP口座

ポンド円スプレッド プロ口座 1.7pips/VIP口座 1.1pips(手数料含む)

TradersTrustは、2009年から運営を開始しているFX業者ですが、日本マーケットでの運営は2018年と比較的最近ですので、これから人気になっていく業者になると思います。

こちらの業者は、世界12か国のライセンス(最難関と言われるFCAやキプロスなど)を持ち、日本向けには、バミューダ共和国のライセンスを持っています。

完全なNDDシステムを採用しており、約定力も高く、かなり狭いスプレッドを提供しています。今回おすすめは、プロ口座及びVIP口座ですが、VIP口座は、最低入金額200万と敷居が高いため、まずは、プロ口座を使ってみてください。

Traders Trustをメイン口座としている有名トレーダーも多く、安心して使用できるFX業者です。

今なら、口座開設時に、プロモーションコード HEISEI_5000JPY を入力すると5,000円のボーナスがもらえます。

TradersTrustの詳細はこちら>>
TradersTrustの口座開設はこちら>>

6位 Tickmill プロ口座(ECN)

ポンド円スプレッド 1.1pips(手数料含む)

Tickmillのプロ口座(ECN)は、高約定率、低スプレッドを提供し、英国のFCAライセンスを所有するほどの信頼性が高い業者です。

今回ポン円スプレッドが1.1pipsにも関わらず4位にしたのは、知名度がまだ低いこと円建てに対応しておらず、ドル建てになり、入金、出金ともドル円の為替に多少影響を受けることがあるからです。

ただ、ドル建てを気にしなければ、こちらも大変良い環境で取引できますので、おすすめです。

また現在、30ドルウェルカムキャンペーンを行っておりますので、入金せずに取引ができます。試しに口座開設し、取引環境を試してみることをお勧めします。

30ドルウェルカム口座はこちら>>
<注意>口座開設をするときに、FCAライセンスでの口座開設か、セーシェルライセンスでの口座開設か選ぶ項目がありますが、日本で口座を開く場合は、セーシェルライセンス口座を選択してください。セーシェルライセンス口座は、レバレッジ500倍を利用できます。

Tickmillの詳細はこちら>>
Tickmillの口座開設はこちら>>

7位 Titan FX Zero Blade口座(ECN)

ポンド円スプレッド 2.15pips(手数料含む)

TitanFXは、2014年から日本マーケットに進出してきたFX業者です。レバレッジは500倍となっており、低スプレッド及び高約定率からメイン口座で使っているトレーダーも多い業者です。
信託保全はありませんが、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)のライセンスを取得しており、格付けAAランクのナショナルオーストラリア銀行での分別管理をしています。分別管理とは、顧客から預かった資金とと運営資金を別に管理しているということです。

TitanFXの詳細はこちら>>
Titan FXの口座開設はこちら>>

番外 GEMFOREX ノースプレッド口座(ECN)

ポンド円スプレッド 1.0pips(手数料含む)

なぜ、スプレッドが1.0なのに、”番外”にしたかというと、以下の理由からです。
1.最低入金額が30万円以上必要

2.スキャルピング規制がある。(以下参照)
短期間(5分)に往復合計10Lot以上での取引がある場合は事前に連絡が必要です。
許可をとらずにお取引を継続されますとカバー先より予告なく取引停止となり、
Deal Cancel となる場合がございます。発覚した場合は、当社の判断で不適切とみなすトレード行為とみなし、アカウント停止させていただきます。

GEMFOREXのノースプレッド(ECN)口座は、10ロット以下の通常トレーダーで30万以上の入金が可能な方には、素晴らしいトレード環境です。(10ロット以上で大口取引する方は別の業者をお勧めします。)

ちなみにノースプレッド口座では、現在巷で噂の20,000円口座開設ボーナスはつきませんので、ご注意ください。まだ20,000円ボーナスをもらったことがない方は、先にスタンダード口座を開き、20,000円をもらってから、出た利益でノースプレッド口座を利用することをお勧めします!

GEMFOREXの詳細はこちら>>
GEMFOREXの口座開設はこちら>>

ポンド円向き海外口座簡易比較表

ポンド円
平均スプ
取引方式 レバレッジ ボーナス 最低
入金額
詳細
TradeView
(ILC/cTrader)
1.0pips ECN 200~
400倍
なし 10万円 公式HP
LandFX
(ECN)
1.0pips ECN 500倍 なし 20万円 公式HP
Gemforex
(ノースプレッド)
1.0pips ECN 1000倍 なし 30万円 公式HP
Tickmill
(プロ)
1.1pips ECN 500倍 30ドル 1万円 公式HP
Axiory
(ナノ口座)
1.2pips ECN 500倍 なし 2万円 公式HP
TradersTrust
(プロ)
1.7pips ECN 500倍 5000円 2万円 公式HP
XM(Zero口座) 1.8pips ECN 500倍 なし 1万円 公式HP
TitanFX(Blaze) 2.15pips ECN 500倍 なし 2万円 公式HP
Gemforex
(スタンダード)
1.9pips STP 1000倍 20000円
入金100%
1円 公式HP
LandFX(LP) 1.9pips STP 500倍 入金100% 1万円 公式HP

結論

以上、ポンド円トレードに最適な業者をランキング形式で発表しました。個人的な意見ではありますが、参考にしていただければと思います。

 無料キャンペーン中!大衆心理を利用して利益を得る

維新流トレード術公式ページ>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました