プライスアクション

チャート分析

日経225のチャート分析2022年3月2日

こんばんは! 本日は、日経225のチャートを見ていきましょう! 日経225(CFD)のチャートを見てみよう! 月足 月足は、2月の足が確定し、高値切り下げ、安値切り下げとなっています。ダブルトップのネックライ...
プライスアクション

第7回「フォールスブレイクアウト・フェイクセットアップ」ロウソク足のプライスアクションで相場を読み取る!#FX勉強

第7回目は、フォールスブレイクアウトとフェイクセットアップについて書きたいと思います。 どちらも「ブレイク失敗」に関わるプライスアクションになり、いわゆるダマシと呼ばれるものです。 プライスアクションでは、ダマシをダマシで終わらせず、それを反対に利用して取引に応用する方法がありますので、是非参考にしてください!
プライスアクション

第6回「インサイド・アウトサイド」ロウソク足のプライスアクションで相場を読み取る!#FX勉強

第6回目は、インサイドとアウトサイドについて書きたいと思います。 インサイドとは「内側」、アウトサイドは「外側」を意味し、買い勢力と売り勢力の攻防を表しています。 第1回で下記のような図を掲載しましたが、ロウソク足1本形成されるだけでも、買い勢力、売り勢力の攻防があります。
プライスアクション

第5回「強気・弱気リバーサル」ロウソク足のプライスアクションで相場を読み取る!#FX勉強

第5回目は、強気・弱気リバーサルについて書きたいと思います。 「リバーサル」とは、反転、逆戻りという意味で、一方に振れた値動きが反転し、逆の方向に切り返すことです。 「弱気リバーサル」が出現した場合は、上昇圧力の低下を示唆し、反対に、「強気リバーサル」が出現すると、下落圧力の低下を示唆します。
プライスアクション

第4回「ランウェイアップ・ランウェイダウン」ロウソク足のプライスアクションで相場を読み取る!#FX勉強

第4回目は、ランウェイアップとランウェイダウンについて書きたいと思います。 「ランウェイ」とは、これまでの価格水準を脱して、新たな水準時移行するということです。 ランウェイアップは、上昇局面、ランウェイダウンは下落局面に出現することが多いフォーメーションで、どちらもトレンドの勢いを示唆します。
プライスアクション

第3回「スラストアップ・スラストダウン」ロウソク足のプライスアクションで相場を読み取る!#FX勉強

第3回目は、スラストアップとスラストダウンについて書きたいと思います。 スラストとは「ぐいぐい押す」という意味を持ち、推進力の強さを意味します。 トレンド形成に必要不可欠なロウソク足フォーメーションで、トレンド継続、高値(安値)更新の原動力になります。
プライスアクション

第2回「スパイクハイ・スパイクロー」ロウソク足のプライスアクションで相場を読み取る!#FX勉強

第2回目は、スパイクハイとスパイクローについて書きたいと思います。 前回のピンバー(Pin bar)同様、転換点で現れる形にになります。相場状況を見る上で知っていると便利な知識ですので是非ご参考ください! ちなみにロウソク足のプライスアクションは、日足で見るのが良いと思います。
プライスアクション

第1回「ピンバー」ロウソク足のプライスアクションで相場を読み取る!#FX勉強

相場を見るとき、どういったテクニカルツールを使って見ていますか? ほとんどの方は、移動平均線、MACD、RSI・・・などのテクニカルツールを使って見ていると思います。 すべて有効なテクニカルツールではありますが、こういったツールを使わず、値動きに集中することで得られる情報もあります。
タイトルとURLをコピーしました